耳介形成手術の保険適応条件

健康保険の適用条件として私たちが参考にするのは、2年に一度改訂される診療報酬点数表です。その耳介形成術の欄に注(厚生労働省通知:実施上の留意事項について)がついていて、耳介形成術は「耳輪埋没症、耳垂裂」に対して行なった場合に算定する、と書いてあります。その他の耳介の変形については何も明確に規定されていないため、普通に読めば保険適応はありません。
スタール耳、折れ耳など、耳輪埋没症以外の先天的な変形、柔道耳などの外傷性の変形、耳介腫瘍摘出後の再建など術後の変形にこの手術が算定できるかはすべて「等」をどのように解釈するかにかかっています。実際にはグレーゾーンです。

今までのところ、当院で行った手術では、スタール耳、柔道耳、先天性耳垂欠損、外傷による耳介変形、耳介腫瘍摘出後の耳介欠損に対する再建等で保険請求が通った例があります。しかし近年ますます適用が厳しく制限される傾向にあります。

K296-1 耳介形成手術(耳介軟骨形成を要するもの)の適応:

基本的に耳輪埋没症(埋没耳)に適用される手術ですが、この軽症型のいわゆる袋耳(コップ耳、折れ耳、垂れ耳など、形によって様々な呼び方がある)など片方の耳介軟骨の発達が悪く十分に展開されなかった場合、基本的には保険適応としてよいと考えています。しかしこれはあくまで医師個人としての考えで、保険適応を保証するものではありません。

K296-2 耳介形成手術(耳介軟骨形成を要しないもの)の適応:

耳垂裂とは、通常耳垂(耳たぶ)が丸い形に整わず、2つに避けたように見えるものを言います。正常側に比べて耳たぶ自体も一部が欠損したように小さいものが多いようです。日本形成外科学会の定義によれば「生まれつき耳垂が割れている状態の耳介先天異常の一種」とあり、ピアスによる耳切れなど外傷性の後天的なものは含まれません。
※ 厚生労働省の関連機関である近畿厚生局に問い合わせた結果、ピアスによる耳切れは適応外である旨の回答をいただいており保険適用はできません。事故や暴力等による場合は別の理由(別に加害者がいる場合は健康保険の対象にならない)で保険適応となりません。

耳の役割(機能と美的要素)

耳は聴覚を司る感覚器としての役割のほか、幾つかの重要な機能を持っています。『聞こえ」に関する異常や病気は主に耳鼻科が扱います。しかし、頭の外に突き出した部分(外耳)は特殊な軟骨(弾性軟骨)を皮膚で包み込んだ複雑な形をしており、主に皮膚科、形成外科、美容外科が扱います。

形成外科、皮膚科が担当する疾患で健康保険の適応となるのは、皮膚や軟骨の病気、形の異常のうち、患者さんの健康や耳の機能を損なっていると思われる場合です。
皮膚炎やできものは、ほとんどの場合保険治療の対象となります。ケガに関しては、事故や他者による傷害、自傷は保険の対象になりません(ですから柔道耳、転倒による外傷、ピアスによる耳切れなどは状況により判断が分かれます。)
先天的な形の異常のうち、健康保険で耳介形成術の対象となるのは、原則的には小耳症、耳輪埋没症、耳垂裂のみですが、これらはメガネ・マスクの着用に支障があるためと考えられ、見た目の醜状とは全く無関係です。

袋耳(コップ耳、折れ耳、埋没耳など、形によって様々な呼び方がある)、スタール耳などの形の異常も場合により保険適応が認められる場合がありますが、外見が異常であるかどうかよりも機能障害の程度によって適応が限られると考えられます。

いわゆる柔道耳なども状況により保険適応が認められる場合がありますが、イヤホンが入りにくい、メガネがかけられないなどの症状が重要で、外見よりも機能障害の程度によって適応を決めています。
立ち耳は文化的社会的状況によっては生活上の不利益はあるかもしれませんが、機能的障害は明らかでないので保険適応は認められません。

このほか、耳たぶや外耳(耳介)そのものの形を変え、大きくしたり逆に小さくしたり、丸みをもたせたり角度の微調整をしたりと様々な手術治療が可能ですが、概ね美容外科が担当する自費診療となります。
耳のあざ(多くは血管腫や母斑など)もレーザーなどで治療可能ですが、レーザー治療の多くは保険適応がありません。耳のレーザー脱毛やピアスの穴あけなども保険診療の適応外です。

保険の手術は、マスクやメガネをかけられるようにするためのもの

健康保険の適応とは見なされないものの多くは「耳の変形」が社会生活上著しく不都合とまでは言えない、自己責任である、「耳の機能」と密接な関係にないなど、「耳の形」の修復が「美容的な問題」と見なされるためです。
機能的な意味での「耳介形成」とは、メガネやマスクをかけられるようにするため、あるいは耳の聞こえをよくする(例えばイヤホンや補聴器が入りやすくなる)ために行うものなのです。そう考えると、保険適応の有無が理解しやすいと思われます。

※ 耳の聞こえ方(聴力)や耳の穴の内部の問題は、耳鼻科の領域であり大江橋クリニックでは一部の外耳道形成手術を除き扱いません。

※ イヤホンが入りにくい、という訴えで耳甲介形成を行ったケースがありますが、これもグレーゾーンです。確かに形態の異常が耳の機能を損なっているため健康保険を適応すべき症状とは思うのですが、明確な規定はないのでケースバイケースと思われます。

立ち耳の手術

お問い合わせが多いご相談ですが、その多くは「立ち耳の手術を保険でやっているか」というお電話です。立ち耳の手術には保険を適用することができません。

※ 厚生労働省の関連機関である近畿厚生局や健康保険審査機関に問い合わせて確認したところ、単なる立ち耳の手術に健康保険を適用する事はできないとの返事をいただいております。
このため、大江橋クリニックでは立ち耳の手術に関してはすべて自費治療とさせていただいております。

他の医療施設で保険で行っているとの情報は多々耳にしますが、何か別の病名を便宜的につけて保険適応としているものと思われ、医師の好意とはいえ「診療報酬の付け替え請求(本来保険請求できない処置を、別の病名や手術名に付け替えて請求する)」という違法行為となります。
 保険でやっている医療機関を教えて欲しいという問い合わせもありますが、上記のように個々の医師が危険を冒して患者さんに便宜を図っているのだと思われますので詳細を書くことはできません。

ただし、患者さんの耳の状態が本当に「立ち耳」なのか、は診察を受けていただかないとわかりません。

耳介(外耳)の形には多くのバリエーションがあり、スタール耳を代表としていわゆる先天性耳介形成異常の病名で保険適用できる場合もあるからです。

立ち耳の手術は健康保険適応できません。その理由は...

日本を含むアジア諸国では、文化的社会的に耳の形に関しては許容度が高く、立ち耳に関しても、特に子供の頃には「ミッキーマウスのよう」「おさるさんのよう」などと、むしろ「かわいらしい」「愛らしい」ものとして愛される傾向があります。

最近でこそヨーロッパ的な習慣が広まり、またピアスを着用する際に美しく見えないなどの理由から手術を希望する方が増えましたが、一般に社会生活上著しい不都合があるとは考えられないため、通常は健康保険の対象となりません。
機能に関しても埋没耳のようにメガネやマスクがかけにくいと言ったこともなく、通常は機能的な問題は少ないと思われます。ただし、特殊なヘッドセットを業務上使用しなければならず、常時耳介が圧迫される為耳輪に潰瘍を生じた患者さんが来られたことがあり、この方の場合は機能的な問題を解決するために健康保険で手術を行いましたが否認されませんでした。

スタール耳は保険適用となることが多いが絶対ではありません

今までのところ、当院で行った手術では、スタール耳、柔道耳、先天性耳垂欠損、外傷による耳介変形、耳介腫瘍摘出後の耳介欠損に対する再建等で保険請求が通った例があります。しかし近年ますます適用が厳しく制限される傾向にあります。

スタール耳など対耳輪の形成異常や、耳介軟骨部分の一部の先天的欠損、腫瘍摘出術後などの医原性軟骨欠損等については、詳細な手術記録を症状詳記(治療の必要性や経過)としてレセプト(診療報酬請求明細書)に書き込むことにより、今まで概ね保険適用されてきました。
(しかし、軟骨移植や皮弁などの追加的な手術は否認されることがあります。)

柔道耳、レスラー耳などの繰り返した打撃による耳介変形(耳介軟骨過形成)、事故などの後遺症としての耳介変形(耳介軟骨骨折、欠損)、耳介血腫・耳介偽嚢腫・耳介ケロイドなどの腫瘍摘出後に軟骨変形が生じた場合は、ケースバイケースですが、詳細な手術記録を添付して申請した場合、保険適応が認められる場合がありました。

いずれの場合も、レセプト(保険診療の際に支払い側に提出する治療費の請求明細書)を提出後、審査によって支払基金や保険者(保険組合などの支払い側)から保険適用を否認されるケースもあり、再審査請求によっても承認されない場合は、不本意ながら保険者負担分の診療費用を後日患者さんに直接請求せざるを得ない場合もあろうかと思います。その際はよろしくご協力ください。

当院ではピアスの耳切れ等は自費とさせていただきます。
※ 厚生労働省の関連機関である厚生局に問い合わせた結果、ピアスによる耳垂裂は適応外である旨の回答をいただいております。

腫瘍摘出などにより後天的に耳介が欠損した場合も症状詳記追加により適用されるべきと考えられますが、同時再建(腫瘍摘出と同時に耳たぶを作る場合など)には通常適用されません。(同一術野に対して2以上の手術を同時に行う場合の特例に該当しないため)