〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5
大阪JAビル 1階

googleお問い合わせは診療時間中にお願いいたします

大阪市北区医師会tel06-6365-3500

11
* 1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 * * * *
12
* * * 1 2 3 4
  5 6 7 8 9 10 11
  12 13 14 15 16 17 18
  19 20 21 22 23 24 25
  26 27 28 29 30 31 *

皮膚科各疾患の解説

一般皮膚科治療内容例

皮膚炎・湿疹群

(化粧品かぶれ等のかぶれ、おむつ皮膚炎等を含む)

最もありふれた皮膚疾患であり、非常に広範囲の病態を含みます。
主要な症状は、赤みとかゆみに代表されます。炎症を抑えるため、
# 通常はステロイドの外用剤を用います。
# かゆみのコントロールには主に内服薬が処方されます。

炎症が軽快してくると、
保湿剤等を用いて皮膚のバリアを保護する治療が主体となることもあります。

治療上大切な事は以下の通りです。

手湿疹(主婦湿疹)

手の湿疹は、全身の湿疹の部分症状である場合もありますが、手だけにおこり慢性に経過する場合、原因を特定することが治療方針決定と同様に重要なポイントになります。
手の湿疹は基本的には頻繁に手と接触する物質によって起こるか、皮膚を保護するバリアの破綻が原因となることが多いのですが、中には長い間患者さんの生活歴を繰り返しお聞きすることによってようやく原因が浮かび上がってくるような難しいケースもあります。
治療の基本は原因の可能性がある物質を避け、炎症を抑え、バリアを保護することに尽きます。まずは診察を受けて下さい。

蕁麻疹(じんましん)、皮膚のかゆみ、腫れ、痛みなど

蚊にさされたようなかゆみの強い盛り上がる「膨疹」が急にでき、数時間で消えるのがじんましんの特徴です。この他肉眼的に場所の特定しにくいかゆみなども含め、主に内服薬で治療します。急性で症状が強い場合には点滴を行なったり、症状により入院が必要となることもあります。

治療上大切な事は以下の通りです。

アトピー関連疾患

治療上大切な事は以下の通りです。

水虫(白癬)、カンジダ、真菌感染症

水虫はありふれた皮膚病の一つですが、確定診断には白癬菌が患部に増殖している事を確認する必要があり、外見から判断するのは危険です。

治療上大切な事は以下の通りです。

虫さされ、伝染性膿痂疹(とびひ)

治療上大切な事は以下の通りです。

帯状疱疹、ヘルペス

ヘルペスウィルスには多くの人が子供の頃に感染していますので、ウィルスは体内に潜んでいます。
ストレスや疲労などで免疫が落ちると活動を開始し、特定の神経に沿って(帯状疱疹)または特定の場所(口唇、眼瞼、性器)で活動を開始します。
治療しなくても治る事がありますが、完全に治癒したわけではありません。また、重症化すると障害や痛みが長期間残ることがあります。

治療上大切な事は以下の通りです。

尋常性乾癬、尋常性白斑

自己免疫が関係するため治癒しにくく、非常に長期間の治療が必要です。
光、特に紫外線により症状が良くなる事が多く、光治療も効果があります。
特に治療しなくても自然に治る事がありますが、完全に治癒したわけではありません。
重症化すると症状が全身に及び、治療が難しくなります。

治療上大切な事は以下の通りです。

まぶたの腫れ、かぶれ

次の項で述べる血管性浮腫が瞼に起こることもあります。
また化粧品などの使用による接触皮膚炎の起こりやすい場所でもあります。
サプリメントによる薬疹や花粉症など気づきにくい原因である事もあります。

治療上大切な事は以下の通りです。

唇の腫れ、かぶれ

唇の特設ページをご覧下さい。

手足の皮膚のトラブル

タコ・魚の目(鶏眼)、イボ(疣贅)などの手足のトラブル

治療上大切な事は以下の通りです。

爪の異常(巻き爪=陥入爪、爪の変形、爪の変色など)

治療上大切な事は以下の通りです。

髪、体毛の異常

病的脱毛、円形脱毛症

治療上大切な事は以下の通りです。

AGA(男性型脱毛症)

→ AGA(男性型脱毛症)はこちらを参照

耳の皮膚炎

治療法は原則的に体や顔の皮膚炎とほぼ同じですが、耳の特性上治りにくいことがあります。

耳(外耳、耳介)は顔の両側にあって頭髪に覆われている場合もあり、頭の両側に突き出しているという位置と形の特性から、

ほとんどの皮膚炎は塗り薬と内服薬で治療しますが、外科的な処置や皮膚をこすったり切り取ったりする検査が必要な場合もあります。